オロシアムFUKUOKAは卸売業者を中心に中小企業の高度化事業として集団化を図ったもので、地元企業が7割、商圏も全国にひろがっています。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • オロシアム通信 - かぶと塚

オロシアム通信 – かぶと塚

『 樟(くすのき) の 話 』

 「樟の実鉄砲」で遊んだことがありますか、小さな竹の穴に樟の実を込め、棒で押して空気圧で飛ばします。子供の頃、大きな樟は神社の象徴であり宮地嶽神社は遊び場でした。  日本で巨樹ランキング1位は鹿児島県姶良市蒲生町上久徳( …

『尊敬する上司へ恩返しを・・・』

 私は中学時代より「高校卒業後は就職して働く」ということを頭に置き、学生生活を送っておりました。少しでも早く社会に出て人の役に立つことをしたいと思ったからです。  無事に内定を頂き、これで晴れて社会人の仲間入りだと意気込 …

『親 父』

 親父が還暦を迎えた。先日家族でささやかながら祝い事をしたときに振り返り、考えたことをお伝えさせていただきます。  恥ずかしがり屋で意地っ張り、カッコつけな親父なので、絶対にちゃんちゃんこを着たがらないと予測したので、兄 …

公募原稿 – 後編 『語継ぎ  津屋崎六人衆』

篠原の下知とともに、ドン・ドン・ドンと太鼓の音が風に乗って波間にこだまする。佐兵衛ら六人は決意の仕草か互いに顔を見合わせ、佐兵衛を前中央に、前後三人が中腰に屈み、大きく息を合わせ、「うーん!」鬼の形相で立ち上がろうとする …

『夢の競演』

   私は幼い頃より長年サッカーを続けてきまして、現在は引退してしばらく経つのですが、時に無性に体を動かしたくなる時が有ります。そのサッカーでの話しを させて頂こうと思っております。  私の故郷は長崎でして、長崎にはV・ …

公募原稿 – 前編 『語継ぎ  津屋崎六人衆』

    貴様!勝浦の者やろ、あっちへ行かんか!ここは津屋崎の海ぞ!」   「やかましい、何言ようとや!ここは俺たちの海たい、この魚泥棒が!」 白石浜の沖合では舳先をぶつけ合い、怒号が飛び交い、浜では殴り合いの喧嘩や網が破 …

『守護神』

 我が街福岡の地元球団ソフトバンクホークスを愛してやまない私にとって、2017年シーズンの結果は最高のものになりました。  2016年シーズンは前半戦から独走し、最大ゲーム差が11.5ゲームあったにもかかわらず世紀の大逆 …

『私の住む街「長住」』

  以前(数年前だったと記憶しておりますが)寄稿させていただいた私の住む街長住について再度書きたいと思います。  歴史としては1925年(大正14年)筑紫郡八幡村が福岡市と合併1929年(昭和4年)早良郡樋井川村が福岡市 …

『大濠公園』

    春にはお花見、夏には花火大会が行われる大濠公園に一度は行った事があるという方も多いと思いますが、私は40代に近づき再度訪れてみて最近はその魅力にはまっています。    今回は私の大好きな大濠公園を紹介したいと思い …

1 2 3 7 »

オロシアム通信

dougaannai

img_harvest_2
PAGETOP